「ギターを趣味としてやりたい」

そういう思いをお持ちかもしれません。

もちろん、「弾けたらカッコいい」「自分の曲を作りたい」「ライブをやりたい」というのはギターが弾けたら実現されますが、それ以外にもギターが弾けることの恩恵があるのです。

 

1、ストレス解消

もちろん、何も弾けない間はストレス解消どころか、ストレスを増やしてしまいかねないものになってしまいますが、コードジャカジャカが出来たらシメたもの。

思いっきりギターをかき鳴らすことはストレス解消になります。

 

2、人のつながりが出来る

それなりに弾けるようになると、誰しもお披露目をしたくなるもの。
それは教室でやっている発表会みたいなものでもいいですし、友達や家族に聞かせるようなプライベートなものでもいいし、バンド組んで本格的にライブ、というものでも良いのです。

お披露目をする。
この行為は人のつながりを作ってくれます。

ギターをやっていくことで人のつながりというのは増えていくのです。

 

3、自信を持てる

ギターが弾けるようになる。

弾けなかったコードが弾けるようになった。
弾きたかったメロディが弾けるようになった。
自分の曲を作ることが出来るようになった。
人の曲をアレンジして遊ぶ事が出来るようになった。
アドリブで他の人の演奏に合わせてギターを扱えるようになった。

こういう、ギター弾くことで出来るようになったことは程度の差こそあれ、立派な成功体験です。

いきなり大きな成功体験を目指さなくても小さな成功体験を積み重ねるようにしてギターをやると上達も速いですし、何より自信に繋がります

 

4、身体の使い方が変わる

私達、現代人は非常に身体の使い方が不自然だと言われています。
もちろん、慣れ親しんだ使い方ですから本人は力任せに身体を使っている、という自覚はありません。

しかし、これはギターを弾く足を引っ張ります。

fourleafではギターはセンスではなく、身体の使い方で決まる、という理念を持っているので身体の使い方を変えるレッスンをします。
結果、ギターが弾けるようになるのはもちろん、普段の身体の使い方も身体にとって楽な使い方ができるようになるのです。

身体と心は連動しているので気分が落ち着く、という副産物もあります。

5、肚を養う

肚という言葉があります。
度量や包容力、度胸、胆力という意味ですが、要するに精神力です。

ギターはずっと続けていくとこの肚を養うことが出来るのです。

肚が養われると多少のプレッシャーははねのける事が可能です。
つまり、ストレスを感じにくい体質を作ることが出来る、ということです。

 

 

 

他にも色々あるのですが、ちょっと言葉では伝えにくい部分が多いので割愛いたしました。

なにより、ギターは一般的に言われているようなこと以外に色んなメリットが存在します。

是非、一緒にこれらのメリットを経験していきましょう。

 

体験レッスンを実施しているので以下のリンクをクリックして一度レッスンに遊びにきてくださいね。

クリックして体験レッスンの詳細を確認する