はじめまして、HPを見ていただき、ありがとうございます。

ギターを始めたのは僕が高校生の時、いとこが見ていたライブビデオがきっかけです。
そのビデオには実に楽しそうに、気持ちよさそうに演奏しているミュージシャンが映っていました。

「あぁ、自分もこんな気持ちよさそうな体験をしてみたい」

そう思ったらワクワクが止まらなくなったのを未だに覚えています。
このワクワクが僕をバンド活動に導きました。
初めてステージに立った時、緊張したけど、あの夢に見た体験ができた喜びは今でも忘れられません。

音楽は魔法のようなものです。
だって、人の演奏を見てワクワクが伝染して、自分が演奏する側に回るのですから。

この演奏できる喜び、ワクワク。

これが広がったらどうなるでしょうか?
すごく楽しい世界が出来上がると思いませんか?
あなたの生活はすごく潤いを持ったものになると思いませんか?

あなたの演奏が周りをワクワクさせる。
あなたの演奏が周りをハッピーにする。

そんな体験をしてほしくて僕はこの教室をやっています。

今は人に音楽を伝える立場にいますが、あなたがギターを弾くことにワクワクするとあなたのギターの技術は著しく身につきます。
あなたがギターを弾く時に「苦しい練習に耐えたら楽しくやれる」と信じているとギターの技術の身につくスピードは遅いです。

ワクワク出来るハッピーな音楽を体験してください。
そして、そんなあなたらしい素晴らしい音楽を広げてください。

そして、僕にそのためお手伝いをさせてください。
一緒に喜べる音楽をやりましょう。

レッスンであなたとお会いできるのを楽しみにしています。

 

レッスンについて

人に教え始めた頃は「自分は演奏家である」という思いからボランティアで教えることに。
人が成長していく様を見るのが好きでした。

一つうまくいくと「もっと楽に、もっと簡単に弾ける道はないか」と試行錯誤をしていました。

 

カルチャーセンター等の講師をやりながら、自分の教室を開業。

開業後は如何に楽に、如何に簡単に、如何に最小限の努力でギターを弾けるようになるか?ということを研究しながら、独自のメソッドをつくる。

 

ギター演奏はセンスではなく、身体の使い方。
音楽創造はセンスに頼らなくても出来る
音楽のセンスは後天的に養うことが出来る

こういう気付きを元にメソッドの効果検証を続けており、これは現在進行形で行われているライフワークになっています。

 

レッスンを提供していく中で

ギターが楽に弾けるようになった
音楽の聞き方が変わった
良くないと思っていたリズム感が良くなった
曲を作ったり作品を作るのにストレスが無くなった
音楽理論を無理やり努力して勉強してないのに理解して使えるようになった

という生徒さんが増え、更には、教室に通うようになってから

仕事がテキパキできるようになった
仕事ぶりを認められて昇進出来た
人間関係が広がった
険悪な人間関係が良くなった
アトピーがマシになった
ぐっすり眠れるようになった
活動的に動けるようになった

というギターや音楽と関係ない声を沢山いただく様になったことから音楽と人生の関係も研究し、レッスンに応用しています。

 

現在は、

楽器習得、音楽作成は人生に通ずる

という気付きの元、

 

楽器もうまくなり、人生も好転させるレッスン

を一人でも多くの方にご提供できるように日々精進の毎日です。

 

主な音楽活動歴

もともと、運動音痴、指先不器用、縄跳び出来ないほどリズム感悪い、極め付けに音楽が嫌いだった状態だったがVan Halenのライブビデオで楽器演奏に興味をもつ。

Van Halen,Extreme,Bon Joviといったハードロックに影響を受け、19歳からギターを弾き始める。
ギター始めて半年からアドリブ、作曲に取り組み始め、大学在学中はライブばっかりやる。

その傍ら、ご縁があり、ギターをボランティアで教え始める。

先にあげたアーティスト以外にもB.B.King、Cream、Jimi Hendrix、Led Zeppelin、Queen等に代表されるロック、ブルース音楽に傾倒。

音楽の世界で生きる事を決心し、音楽学校に入学

大学に通いながら、大阪・京都を中心に自身の音楽活動に精を出し卒業後、音楽の世界で生きる事を決心し、2001年、一念発起して音楽学校MI Japan 大阪校に入学。
音楽学校ではギター演奏は勿論、音楽理論、パフォーマンス、リズムアンサンブル、アメリカでの研修、機材のコントロールやメンテナンスに至るまで、総合的な音楽教育を受けました。

リズムを自身の専門に置くことに

元々、ロック、ブルースをやっていましたが、MI時代の恩師の影響からリズムギター(伴奏)に傾倒。
リズムの影響力の強さに魅了され、追求。

James Brown,Sly &the Family stone,E.W.&Fire,Chic,Prince,Stevie Wonder等に代表される黒人ファンク、R&Bに傾倒し、リズムプレイ(伴奏)を自身の専門に置くことに。

2003年、無事にGITマスターコース(ギター科)を卒業。

ギターデュオ等、様々なジャンルで演奏活動を続ける

その後、様々ジャンルの形態で音楽活動を重ねました。
各種セッション(即興で音楽をやるスタイル)や音源録音のサポート等の活動を重ね、現在はボーカルとギターのデュオ、QUON等で活動しています。

 

過去にやった演奏動画はこちらからご覧いただけます。

過去にやった演奏動画を見るにはこちらをクリック

 

レッスンの日常を中心にギターのヒントを無料で公開しています

ブログはこちらをクリック