fourleafが推奨するギターの弾き方は、体の動きに着目するというものです。

 

「ギターはセンスだ」と思われていることが多いですが、実際はそんなことはありません。

 

 

なぜなら、どれだけ技術が優れていると言われているようなギタリストでも身体は僕たちと同じだからです。

 

腕は2本ですし、指は左右5本、胴体は1つで、足は2本です。

脳みそのサイズも大して変わりませんし神経回路も同じです。

 

 

つまり、 センスではないのです。

演奏とは誰にでも再現できる身体の使い方なのです。

 

だからいかに運動が苦手であろうが手先が不器用であろうが、 体の使い方をゆっくりと身につけていけば誰でも弾けるのがギターという楽器なのです。

 

 

fourleafで提供するのは

 

身体の使い方をベースに試行錯誤されたギターの弾き方という知識

それをどうやって体に定着させるのかというメソッド

そして定着させる生徒にとってベストな練習の素材

 

です。

 

ギターはセンスではありません。

それを是非、レッスンで体験してみてください。