スポーツやるときに1番最初にやることは何でしょうか?

体育の時間に1番最初にさせられたことは何でしょうか?

 

答えはストレッチ。

 

 

これをやらないと怪我をする。

だからやれ。

 

 

そう教わりました。

 

 

でも、ギター教えるようになってわかったこと。

 

 

それは、ケガをしないためのストレッチではありません。

もちろん、ギタリストにもケガはあります。

だから、もちろん、ケガをしないためのストレッチは間違いではありません。

 

 

ストレッチが運動のパフォーマンスを高める

 

ということです。

 

 

 

ギターは身体の運動だ。

だから、スポーツと根本的には同じなんだ。

 

というのが僕の持論です。

そして、これで生徒さんはうまくなります。

 

 

でも、いくら身体の使い方を調えても弾けるような気がしないときがあります。

 

 

 

そういうときはストレッチを疑ってみると良いのです。

 

ギターはストレッチができれば出来るほど楽に弾ける様になる楽器です。

 

 

「あ、俺身体硬いかも」

「指硬いかも」

「なんか動きが鈍い」

 

そんなことを感じたときはどんなやり方でもいいので指や腕のストレッチをしてみましょう。

 

 

バカみたいにシンプルなアイデアですが、意外とこれだけで解決することが有るのです。

そして、バカみたいなアイデアだからこそ、多くの人は軽く見ます。

だからこそ、僕達はそこを重く見ると結果が変わるのです。

 

 

参考にしてみてくださいね。