ギターがうまい人はたくさんいます。

 

でも、楽しそうにやっている人もいればいまいち楽しくない感じの人もいます。

 

多分スタートしたときは「楽しそう」と思って始めたギター。

でも、やってみて苦しいと感じてやめる人もいる、という話ならわかりますが、弾けるようになったのにもかかわらず楽しくないっていう状況が存在することはイメージできないかもしれません。

でも、こういうことが意外と多いのです。

 

何故、こんなことが起こるんでしょうか?

 

それは、プロセスが楽しくないからです。

ギターが弾けるようになったプロセス。
ギターがうまくなったプロセス。

 

ここが辛いプロセスだと弾けるようになっても、うまくなっても楽しく無い、となります。

 

結果にフォーカスしてやっているつもりが、かえって結果を損なうことがあるのです。

どういう過程でうまくなるのか?
どういう過程で弾けるようになるのか?

ここを追求すると、結果が出るまでのスピードが遅くてもこっちのほうが後々幸せを感じやすいのです。