ギターの練習法ってよく聞かれます。

 

もちろん、聞いてくれたらなんぼでも教えるんですが、

「あ~、この方は練習法以前の問題がある」

と感じることはちょいちょいあります。

 

いつも言っている「前提」の話や、心の話ではありません。
(もちろん、これは絶対に重要だけど、練習法以前とかそういうことじゃなくずっと取り組むことなので)

 

何かと言うと・・・

身体の使い方。

 

もっと噛み砕くと、

ギターの弾き方

 

これがうまく入ってないといくら練習方法を工夫しても無駄におわるのは当然なんですよね。

 

0に何をかけても0になる。
もしも、マイナスだったらやればやるほどダメになる。

これと同じことが身体の使い方と練習法の関係には言えます。

 

だから、身体の使い方を学ぶこと。
どうやって弾くのかを学ぶこと。

コレむっちゃ重要です。

 

一つ実例をあげると・・・

「左手のコードチェンジが追いつかなくてもいいからリズムに合わせて、テンポは遅くてもいいから弾く」という練習方法があります。

これ自体は至極まっとうな練習方法です。

 

でも、そもそも、コードの音を出すことが出来ない人がやると・・・

いくらやってもコードチェンジは出来ないでしょう。

先に心が折れるはず。

 

 

こういうことです。

先に身体の使い方なのです。