このブログでも強調していますが、ギターも他のこともなにかに取り組むときは「やり方」よりも「在り方」です。

同じ内容で
同じ言い方で

表現されたレッスンを受講しても結果に差が出るのは受講者の「在り方」の違いによるものです。

 

例えば、

練習しているフレーズは弾けるようになってようがなってなかろうが、飽きたら変更していいよ

というのを聞いたとします。

 

ここで

「まじっすか!そんなんでいいんですね!」

といってやれる人と

「そんなことをやったらいつになったら一曲弾けるようになるのか?」

という人とは在り方が違うということです。

 

ここで、色んな理屈をこねくり回して、「こう思うべきだ」と指導しても受講者に変化は訪れません。

もちろん、そういう指導をした結果、受講者に変化が訪れることはあるけど、それはやっぱりごく一部。

大体は変わりません。

 

かといってやり方を一生懸命教えてもものの捉え方によって伝わる度合いが変わってしまう。

依然として飲み込み悪い人は悪いまま。

 

精神論でもダメ
方法論でもダメ

人は物事に対して解釈をします。
じゃあ、その解釈はどこから出てくるの?

それが在り方(前提)だと僕は思っています。

 

自分は何もしなくても認められると信じている人と
自分は頑張って努力しないと認められないと信じている人では

ものの捉え方も
やり方も
醸し出す雰囲気も
出てくる結果も

変わるのです。

 

「だったらもし、自分の在り方が良くなかったらもうダメなの?」

という人がいるけど、そんなことはありません。

在り方は変えられるから。

 

そのためにも在り方をまずはベースに置くことをしないといけないし、在り方が影響を持っているということに気づかないといけないと思うんです。

ここを踏まえるとギター持ってない時間も練習時間になる、ということがわかります。

 

在り方。

ピンと来たら考えてみてください。

気づくだけで変わりますよー。