信じることに根拠はいらん

この記事で「ど~せ弾ける」と信じることが重要な理由を書くと書いたのでそのへんの話をば。

 

理由は前提が良くなるからです。

前提が変われば勝手に結果は変わります。

前提が変わる

やること変わる

結果変わる

この流れがあるからです。

 

でも、問題は「ど~せ弾ける」というのを信じられない場合ですよね。

なかなか信じられない人は多いのですがこれは経験済みなのです。

経験済みなのだから、すでにその前提を持っているはずなのです。

 

な~んて言うと

「いやいや!それは簡単なフレーズだったから。
今やっているこのフレーズ弾ける気しないよ!」

という反論も受けます。

 

うん、たしかに弾ける気が全くしないフレーズもありますよね。

 

では、ギター始めた時のことを思い出してみてください。

何も弾いたことがなかったあのとき。
ギター買って来てワクワクしながら弦を弾いたとき。

「え?思ってるよりむずいやん」
と思いませんでしたか?

弦が意外と硬い
意外にピック扱いにくい。
指痛い

こんな感じだったでしょう?

 

でも、今どうですか?

まぁ、むずいフレーズもあるんでしょうけど、

弦はもう硬いとは感じないし
ピックの感覚もなんか馴染んでるし
指も痛くない

そして、弾けるフレーズは少ないかもしれないけど、弾けるフレーズがあるはず。

 

つまり、弾けないところから弾けるようになったわけです。

だったら、今後も弾けるでしょう。

 

難易度なんか関係ないです。

弾けないものが弾けるようになった経験を持ってたら大丈夫。

難しいフレーズに特別な攻略法があるのではなく、単に弾けるようになるまで気持ちが保てた人が弾けるようになっているだけのことなのですから。

ど~せ弾けるんです。