子供の算数の勉強を見てた時のこと。

こんな問題がありました。

 

1-3-5-□-9

2-4-□-□-10

10-□-8-7-□

10-20-□-40

それぞれ□にはいるのはなにか?

という問題。

 

 

これ、大人が見ると「馬鹿にしてんのか」と思うくらい容易い問題ですが、小1からすると難しいみたいです。

 

 

この問題がいいたいのは

どんなパターンがあるかな?

ってことですよね。

 

 

それがわかったら瞬間で答えが出る。

 

 

これは音楽にはめっちゃあるんです。

音楽はパターンばっかりです。

 

 

何をしたら弾けるようになるのか?

パターンがあります。

 

音楽理論はどうなっているのか?

パターンがあります。

 

速弾きはどうなっているのか?

パターンがあります。

 

コードはどうなっているのか?

パターンがあります。

 

 

他にもパターンは山程あるのです。

 

 

だから、パターンを見つけようとする。

 

この視点があると音楽はうまくいくことが多いです。

そして、音楽でパターン認識力が鍛えられると運動や、勉強や、仕事や、人間関係や、心の動き等々、森羅万象にはパターンがあることにも気付けるものなのです。

 

是非、パターン探してみてくださいね。