比較って無意識にしているものですよね。

でも、意味のある比較って結構難しい。

 

大体、こんな感じになりませんか?

 

「あぁ・・・、あんな風に弾けたらなぁ・・・」
「あんな曲作ってみたい・・・」
「なんであの人は知らない曲なのにあんなに自由に弾けるの?」

という感じで。

 

で、この比較の後、気分が

凹みっぱなしだったり
なんかずっと悔しかったり
怒りが収まらない

のなら、比較という作業が今は出来ないと思ったほうがいいんです。

 

なぜなら、これは比較ではないからです。

これは自己卑下です。

自分を単に貶めるだけ。

 

ギターの世界では結構あるのです。

もちろん、僕も経験したことが何度もあります。

 

とにかく、何かと比べて、気分がダークサイドから上がってこない場合は比較すること事態をやめましょう。

意外にギターのコツなのです、これは。