人間誰しも何かを信じているものです。

 

僕も生徒さんに

どーせ弾ける、と信じてください。

とよくいいます。

 

で、ここで面白いのは

「そんな事、言われても信じられません。」

という人と

「なるほど、そうか!ありがとう!」

という人の違い。

 

前者は大体、根拠を求めます。

後者は求めてないことが多いです。

 

 

で。

更に突っ込んでいくと、人は何かを信じるときに根拠を求めるってことなんですよね。

 

 

でも、実は信じることって根拠必要ないんです。

 

「根拠が必要だ」という人は根拠を信じているんだと思うのです。

だから、大体、根拠提示しても肝心な内容を信じません。

 

なので、根拠に何らかのほころびが出ると信じなくなるのです。

そして、これが理性的で常識的な反応だと思っています。

 

ね?

根拠信じてるでしょ。

 

 

だから、え~から、

どーせ弾ける

と信じてください。

 

普段から「ど~せ弾ける」とつぶやきながらギター弾くといいですよ。

そしたら心があとからついてくるので。
※ここの仕組みはちゃんと論理的に説明できるんだけど、体験してほしいので書きましぇん。

 

ということで

どーせ弾ける

信じてください。

 

 

追記

あ、なんで「どーせ弾ける」と信じたらいいか、書くの忘れました。

その内容はまた改めます。