一つ一つやったら誰でも弾けるようになる。

それがギターです。

 

最近、レッスンに参加してくれる生徒さんは立て続けに若者が多いです。

若者と言っても高校生から小学生まで幅広いけど、年齢が小さくなればなるほど、一つ一つの身体の動きに集中してやると弾けるようになるものです。

 

 

ただ、年齢にかかわらずよくあるのが

自分の出来たことを過小評価する

というのがあります。

 

それだけ理想形があるからこそ、小さな「出来た」を軽く扱うという面はあるから良いんだけど。

 

せっかく出来るようになったことはたとえ小さなことでも喜んで良いんです。

 

だって、たった数秒前まで出来なかったことが出来るようになったんだから。

それが理想には程遠かろうが、喜んで良いんです。

そういう小さな一歩がないと理想には届かないのだから。

 

だからもっと喜ぼう。

自分で勝手に「こんなことくらい」といって小さくしないで。

 

出来ないことが出来るようになる。

これはすごいことなのです。

 

 

追記

レッスンでは僕も一緒に喜びます。

沢山笑いながら、楽しみながら、出来ないことを出来るようにしていきましょう。