ギターを弾けるようになってみたい。

多くの人は軽い気持ちでこう思います。
でも、実際、スタートさせてみると意外と難しい楽器だと感じる人は多いのが現実です。
あなたはどうでしょうか。

もし、あなたが軽い気持ちでスタートしたのにギターが意外と難しいと感じているならこの話は大きな希望になると思います。

ギターはやっぱりセンスなのか?

意外と難しい楽器だと感じた体験は「ギターはやっぱりセンスなんだ」という思い込みを生むことが多いです。

実際にどうでしょうか。
あなたもそう感じているのではありませんか?

しかし、私は断言します。
ギターはセンスではありません。

 

ギター演奏とは何なのか?

じゃあ、何なのか?

身体の使い方なのです。

なぜなら、ギターとは弦を押さえて弾くというシンプルな動作によって成立しているからです。

言われてみたら当然ですよね。
ところが、なかなかそうは思えないことが多いのです。

なぜなら、大抵の場合、身体の声を聞けていないからです。
身体の声というと抽象的ですが、要は弾いたときにどんな感触でどんな音がなっていて、どういう感覚を持ったか?という、いわば身体の感度を踏まえてギターを練習するのです。

実はコレが出来るとギターはあなたが思っている以上に飛躍的に上達する可能性が高いのです。
そして、この体験が積み重なると「ギターは誰でもうまくなる楽器である」ということがわかるようになります。

この気付きは「ギターを弾く」という世界から「音楽をやる」という世界へ連れて行ってくれます。
それまでは「ギターが弾けたら満足」という状態だったものから「ギターが弾けるのは当然」という状態になります。
「ギターが弾けるのは当然」と思えたら適当に弾いても成立させることが出来る「アドリブ」という世界や、作編曲の世界へ足を踏み入れることも可能になるでしょう。

大きく可能性が広がることになります。

あなたがギター初心者であろうが経験者であろうが兎にも角にも身体の感度を高めることがスタートなのです。

fourleafではレッスンやワークを通して、あなたの身体の感度を高められるように指導しています。
普通の月並みなレッスンでは体験出来ない、独自の内容を体験してみてください。

体験レッスン受講はこちらをクリック