生徒さんやレッスン受講を考えている人と話していると、勘違いをされている人がいます。

どんな勘違いかというと・・・

 

先日、ツイッターでお知り合いになったベースの先生がこういうツイートをされていました。

 

これ、まさに多くの生徒さんやレッスン受講を考えている人が勘違いしている内容だと思ったのです。

弾けない、出来ない=教えられない

と多くの人は思っています。

 

もちろん、弾けないものや出来ないものを教えるのが難しいのは確かです。

しかし、教えられないと考えるのは間違っているとおもうのです。

 

現にスポーツの世界なんかではそういう人がたくさんいるみたいです。
※僕はあまりスポーツに詳しく無いので聞いた話しか知りませんが。

名選手、名監督にあらず

という言葉もありますもんね。

 

これ、音楽も同じです。

僕が名講師かどうかは別として、僕は自分が出来ないことを生徒さんに教えて弾けるように導いた経験を持っています。

先日もこの曲のソロをやりました。

こんなん急に言われて弾けません。
※時間かかっていいならなんとかなるでしょうけど。

つまり、僕はこういうの聞いてすぐに弾けるほどの演奏力はありません。

 

しかし、何をしたらこういうのが弾けるようになるかは知っているわけです。

そして、一緒に実践したら生徒さんを確実に弾ける方向へ持っていくことは出来ます。

 

それが出来るのは音楽やギターの基本を身につけているからです。

そして、何かが弾けるようになるまでのプロセスを研究してきたからです。

 

だから、「弾ける=教えられる」という方程式は必ずしも成立するわけではないのです。

 

fourleafに限らずレッスン受講をお考えの場合は是非、参考にしてみてください。

 

追記

fourleafのレッスンを体験してみませんか?

fourleafでは、生徒さん一人一人にカスタマイズした内容のレッスンをご提供しています。

体験レッスンをご用意しているのでよかったら体験してみてください。

体験レッスンの詳細はこちらをクリック