レッスンやっていると面白いことに気づきます。

次のレッスンで前回の内容をしっかり身につけている人(スポンジタイプ)
混乱して、前回の内容がすっかり飛んでいる人(ニワトリタイプ)

もちろん、スポンジタイプを望むわけです、人情としては。

教わったことの消化スピードが速い人のたった一つの特徴

ここで言っていることもスポンジタイプの特徴です。

 

で、今回はニワトリタイプの特徴を一つお伝えしましょう。

 

それがタイトルにもある通りで、

一発で身につけようとしてる

というのが特徴です。

 

これ、無理ゲーですよね。

大体、こういうのは学生時代を思い出したらわかりますが学校の授業内容を一発で覚えて問題スラスラ解けるとか基本的にはありえないでしょ?

でも、ニワトリタイプはこれをしようとします。

 

ニワトリタイプはすごく真面目。

 

だから、

先生に同じ話させるのは申し訳ない。

とか思っちゃうのです。

 

逆にスポンジタイプは一発で覚える気なんかさらさらないのです。

なんだったら何度でも同じ話を聞く気でいます笑

僕に同じ話をさせることに罪悪感とかないわけです。(そもそも罪悪でもなんでもないからこれで良いのです。)

で、こういうタイプほど覚えるし、身につけるのも速いのです。

 

だから、ニワトリタイプは愛すべき存在ですよね(^^)

スポンジタイプはスマートな存在ですよね。

 

どっちでも良いのです。

タイプの問題。

 

なので、もし、あなたがニワトリタイプなら覚えようとしないこと。

 

特に音楽は理論的なことであっても覚えることは厳禁です。

だから、ニワトリタイプの場合はもっと不真面目になろう。

不真面目バンザイ。
テキトーバンザイです。