自分のことってなかなか見えないものです。

 

それなりに弾けるのに自分のことをヘタクソだと思ってたり。

理論とかしらなくても音楽できてるのにダメだと思っていたり

他のメンバーの実力とかも関係しているのに自分のプレイだけがクズだとおもっていたり。

 

 

問題を解決してもなんだか心が上がらないとき。

 

 

それは違うところに問題がある、というサインです。

 

 

例えば・・・

 

それなりに弾けるのに自分のことをヘタクソだと思ってる。

比較の仕方が下手。

更に言うと、比較する必要がないことを知れ、というサイン。

 

もひとつ言うと、下手=ダメということが前提にある。

つまり、ダメな状況は許せないと思っているわけです。

 

だから、ダメで良い、ダメでも何の問題もない、ということがわかるとギターがうまくなる感じが変わることはもちろん、

人間関係や
仕事や
プライベートが充実して

更に趣味である音楽をのめり込みやすい状況が生まれるのです。

 

これ、良いでしょう?

在り方を変える、というのはこういうことなのです。

 

 

問題の所在。

一度チェックしてみてくださいね。