ギターが不調のときにはとにかく弾き方を見直す。

サインの正体

 

弾き方が悪いのは明らかなのに頭の中が混乱すると人は真剣に理論とかやり始めます。

 

弾き方が悪いのに理論をやる。

これ、やってることがおかしいのだから望むような結果が出ることはありません。

 

 

つまり、これは

やってることが適切だったら誰にでもギターは弾ける。

ということです。

 

こんなの、当たり前の話です。

 

 

でも、人は芸術的なものにセンスという特別なものを勝手に見ます。

まるでそれが無いとダメかのように。

 

 

センスなんかカンケーないのです。

演奏にセンスなんかいらないのです。

音楽は特別なことをやっているわけではありません。

 

 

だって物理的な運動なんだから。

ギターだったら左手と右手のコンビネーションなわけです。

 

 

つまり、センスとか感覚とかそういうフワッとしたことではなく、もっと物理的な論理的な話なんです。

 

まずは現実的な、目に見える、物理的なアプローチをしっかり抑えてからセンスとか感覚とかふわっとしたことを考えれば良いわけで。

 

 

目の前の現実をふわっとしたものでごまかしてはいけません。

 

 

要は、弾き方を覚えたら誰でも出来る。

ということです。

 

 

だから、いつも言うのです。

ギター弾けることは特別なことではない、と。

 

 

大事なのは弾けるという事実よりも弾けるようになるまでのプロセスです。

こっちのほうがよっぽど重要。

 

 

それくらいギターなんてのは誰にでも弾けるものなのです。