ギター上手な人や状態に憧れる人がギターを弾く。

こんなの当たり前ですよね。

 

で、現実はどうなっているかというと

ギター弾ける人は全人口に対して少数派です。

 

ギター弾きたいと思っている
ギターを趣味にしている

という人だけを集めてその中で

楽しくやっているだけなのに技術もそれなりについて上手にギター弾けるようになった人
楽しくやっている人

を比べるとこれまた少数派。

 

これも当然ですよね。

プロになる人が狭き門だという印象がそれを物語っていますよね。

 

 

ということは・・・・

常識的に考えて

理解できないこと
意味不明なこと
非常識なコト

それ、やったほうが可能性あるってことですよ。

 

 

ギターなんて、しくじろうが何も損しませんから常識に縛られずに色々やってみましょうね。