ギターが弾けるようになる。

ギター始める人は弾けるようになるためにギターを弾くわけですよね。
頭の中は弾けるようになった後をイメージして希望をもってスタートします。

でも、ゴールまでのプロセスをイメージした時、辛い練習や面白くない練習をイメージしている人はかなり多いです。

このギャップを抱えたまま練習するのは間違いだと教えます。

なぜなら、辛いことをして音楽をやる、面白くないことをして音楽をやる、というのは後々良くないことになるからです。

 

もちろん、どんな練習をしてもギターは弾けるようになります。
その内容が辛い辛くない、面白いつまらないに関係ないのです。

 

問題は弾けるようになったです。

 

例えば、辛い思いをして弾けるようになると、他人が自分の技術を観ている、という風に思い込みます。
本当は観てくれる人は技術的なことなんか何もわかってなかったりします。

でも、辛い練習をして技術を身につけた人は辛い練習をしたのだからその結果を見てほしいと思うようになるのです。

 

これ、なんか最初の目的と違っていませんか?
何かおかしくないでしょうか。

しんどい練習や辛い練習なんかしなくてもギターは弾けるようになります。
ただ、そういうやり方があることを知らないだけです。

辛い練習なんかしなくてもギターは弾けるようになる。

これをまずは覚えておいてください。