先程、久しぶりにセッションをやってきました。

ベースの方が主催でやっているセッションなんだけど、ボーカルと鍵盤とギターとベースという編成。

鍵盤の方はちょっとだけの参加でしたが、ベースの方と僕はそれなりに出来るので基本ずっと弾く感じ。

 

で。

そのベースの方の奥さんが歌をやられていて、何曲かご一緒させていただいたんですが、まぁ、見事に僕の知らない曲ばっかり、という、「セッションあるある」を久しぶりに体験しました。

こんな感じでした。

 

いいですよ~、あの知らない曲に合わせるってのは。

当然、この編成だとコードがわからないとこういう芸当は出来ませんけど、コードはあったので特に問題なく進みました。

ベースの方のとっているラインとボーカルの方の歌の感じ、アップテンポなのか、バラードなのかくらいの情報だけでその場で音楽を作っていく。

 

知らない曲に合わせる。

これはその場で音楽を作る感覚を経験出来ることなのです。

 

そして、これが出来るとすごく幅が広がります。

正直、どんなミュージシャンと初めてご一緒してもそれなりに形になるのだから。

 

これがfourleafの大事にしている「音楽の自由度」というものです。

ここまでやったら音楽は本当の意味で「遊び」になります。

 

人と音を出す喜び。

これは音楽をやっている人しか経験できない貴重な体験です。

是非、こういう自由を手にしてほしいとおもいます。

 

もちろん、僕はそれをサポートするのが仕事ですし、一人でも多くの人にそういう経験をしてほしいと思うのです。

よくいわれることですが、音楽とは音を楽しむ、と書きますよね。

でも、楽しむにはある程度の自由度が必要なのです。

 

ここまでいくのに血の滲むような努力が必要だと思われることも多いのですが、そんなことはありません。

もちろん、一朝一夕にこうはなりませんが、やるべきことをやったら誰でもこういう自由度は手に入るのです。

 

しかも、やるべきことなんてのはそんな厳しいものではありません。

是非、一人でも多くの人にこういう自由さを味わってほしいと思います。

 

fourleafでは生徒さんの一人一人に音を楽しんで貰えるようにやるべきことを無理のない内容で伝えることを大事にしています。

ご興味ある場合は、一度体験レッスンに足を運んでみてください。

体験レッスンの詳細はこちらをクリック