昨日、これに行ってきました。

まぁ、それはそれは豪華な花火でした。

娘と嫁が大喜び。

 

行った甲斐があったというもの。

 

 

あんなに大きな規模の花火は久々に見たのですが、まぁ、いろんな花火が上がりました。

 

よくある「ザ・花火」みたいなのもあるし、

鈴の模様が出るやつとか、あさがおの花の模様が出るやつとか、火花がしだれるやつとか色々バリエーションがありました。

色も単色のやつもあればカラフルなやつも。

 

花火の世界も進化があるのが素人目に見ても分かりました。

 

 

さて。

一つ思い出してほしいことがあります。

 

花火を見終わった時にその会場で一番最初に見た花火の模様って覚えていますか?

 

たぶん、これ、覚えてる人いないんじゃないかと思うんです。

 

 

つまり、一回披露された花火は記憶から消えるということです。

 

しかも、これ、結構短時間で消えている感覚があるはず。

 

 

実はこれ、音楽も同じでして。

 

曲の冒頭に聞いたものって詳細に覚えてないんです。

 

 

でも、弾き手は詳細におぼえている。

 

 

 

ということは・・・

ミスっても気にする必要はない

ということです。

 

 

演奏する側は演奏しているからミスるとすべて知覚できてしまいます。

でも、聞いている側は知覚出来ても曲が終わる頃には忘れています。

 

 

このギャップを知っておくことは大きなヒントになると思います。

 

これを応用させるといろんなヒントに膨らんでいくのです。

 

 

まずは、このヒントをつかってどんな工夫が出来るか考えてみてください。

下手に練習法を漁ったり、エクササイズに逃げるよりはよほど練習の質が高まると思いますよ。