打算は捨てましょう。

 

打算があるから

継続しない。
楽しくない。

よって望む結果も出ないのです。

 

僕はレッスンでもメルマガでもブログでも

楽しくやろう
幸せにやろう

ということを発信しています。

 

そして、それをやるためには

感謝することに気づくことや
自分を認めることや
どんな状況でも受け入れる

ということが必要になるわけです。

 

だから、素直にそれをやろうとする人はいるのですが、そこに打算があると

その行為が続かないのです。

 

僕も心当たりがあるからよくわかります。

 

打算してても続くなら良いのですが、打算を捨てないとなかなか続かないのが現実です。

 

とはいえ、なかなか捨てられないのが打算ですよね。

 

そんな打算をどうやって捨てるかと言うと・・・

都合の悪いことをを良しとするのです。

 

「都合の悪いことは起こって良いんだ」

と言ってみると意外と心に安心感が生まれます。

 

もちろん、すぐに打算心を捨てることは出来ないかもしれませんが、打算心が顔を出すたびに先のセリフを口ずさんでみるといつの間にかあまり打算心が顔を出さなくなっていることに気づくでしょう。

 

もちろん、先のセリフを口走ると違和感を感じたり、嘘っぽく感じることもあるかもしれませんが、それはフェイクなので気にせずやってみてもらったら良いかと。

ピンと来たら試してみてね。