あなたは「基本」というものをどのように捉えているでしょうか?

  • たやすく簡単なもの
  • 出来て当然のもの
  • 誰でも出来ること

「基本」というのはなんとなくこんな風にイメージされることが多いような気がします。

これは間違いではないとおもいます。
しかし・・・

 

基本というのは実は多くの人が思っている以上に影響力が強く、本当の修得に労力と時間がかかるものです。

だからこそ、fourleafでは基本というものを非常に大切にしています。

じゃあ、基本とは何なのか?ということが重要になりますが、fourleafでは

一人で音楽が出来る能力全般を指しています。

一人で音楽が出来る、ということですから、

  • 一人でギターを弾いてもサマになる
  • 練習では迷わない
  • 音楽の分析が出来る
  • 作編曲やアドリブも出来る
  • 耳で音をちゃんと処理することが出来る
  • 人と音楽をやる際に戸惑ったり迷うこともない

という状態が「基本がなっている」状態なのです。

 

基本があって応用がある、ということをよく言われますが、ギターの基本を何も演奏だけの話にとどめていないのがfourleafの特徴です。

音楽をやる一人の「人間」として基本を生徒さん一人一人の中に育む事に重点をおいています。

 

基本が出来てたらあとは一人になっても大丈夫なのです。

それほど基本というのはパワフルです。

 

しかしながら、その基本を一人で作るには膨大な試行錯誤と経験が必要になります。

そこで、fourleafでは本来必要とされる膨大な試行錯誤と経験をショートカットさせる為に、ギターを教えています。

是非、一度体験レッスンに足を運んでみてください。

クリックして体験レッスンの詳細を確認する