ピローン。

 

おや、iphoneに何かが来た模様。

 

 

開けてみるとメーラーにたまに読むメルマガが届いてました。

 

「20年無敗の男」

タイトルに記されたこのワードにピンときました。

 

 

ところで、僕は20代のときから趣味の一つとして麻雀をやっています。

 

そう、麻雀が好きな人はこのワードでピンとくるのです。

 

 

伝説と言われた雀士

桜井章一のことではないか、と。

麻雀知らん場合は、とにかくすごい人だと思っておいてください。

 

 

この20年無敗と書かれたメルマガには桜井さんの本の宣伝として彼の金言が書かれていました。

 

その中に書かれていた金言にこんなのがありました。

・素直な心というのは、水の流れのようなものです。
水の流れは、邪魔な石があればスーッとよけていきます。
それが素直な心ということです。

・自分を人と比べるからおかしなことになるのです。
比べるのであれば、昨日の自分と今日の自分を並べるのです。

・どれほど麻雀修行をやろうが、 日常生活がだらしないやつは、強くはならない。

この3つは音楽でも全く同じだと僕は思います。

 

 

・素直な心というのは、水の流れのようなものです。
水の流れは、邪魔な石があればスーッとよけていきます。
それが素直な心ということです。

これは仕事上、よく感じます。

 

知らん間に成長する生徒さんはホントこんな感じなのです。

 

こういう人は派手では無いんだけど、いつの間にか講師の僕も気づかないところで大きく成長されます。

 

 

・自分を人と比べるからおかしなことになるのです。
比べるのであれば、昨日の自分と今日の自分を並べるのです。

そう、他人ではなく、自分と比べる。

前の自分と比べる。

 

 

自己新記録を出すようなイメージですね。

 

 

そして、「比べるのであれば」ということわりがあるので、「比べなくてもいいんちゃう?」という前提があるように思います。

この辺も音楽と同じ。

 

 

・どれほど麻雀修行をやろうが、 日常生活がだらしないやつは、強くはならない。

これは3つの中で一番激しく同意した部分です。

これ、ホントマジです。

 

 

ダラダラと惰性で日常を過ごすと如何に楽器を練習してても可能性が広がりません。

いくら脳に良いと言われても良くはなれない。

 

 

 

そして、コレが出来ると先の2つ

・素直な心というのは、水の流れのようなものです。
水の流れは、邪魔な石があればスーッとよけていきます。
それが素直な心ということです。

・自分を人と比べるからおかしなことになるのです。
比べるのであれば、昨日の自分と今日の自分を並べるのです。

これは勝手に満たしているという感じになると思います。

 

 

つまり、一番重要なのは日常生活だということです。

楽器演奏と関係ないと思いがちですが、んなことはありません。

 

日常生活がいい加減な人は大体、仕事はおろか、趣味の一つも出来ないように思うのです。

 

これは自戒を込めていますが、

「なんかわからんけどたしかに」

と思える場合は参考にしてみてください。